加齢臭の防止は早めが吉!見直したい3つの悪習とは?

今は気にならなくても、いつかある日急に発生し始めるのが加齢臭の恐ろしいところです。

 

加齢臭は一度発生してしまうと、対策は行えても完全に防止することは難しいものです。そのため、一番の加齢臭対策は予防にあると言っても過言ではないでしょう。

 

1.食事の内容を見直す

第一の加齢臭防止策は食生活の見直しからです。

 

毎日のように外食をしたり、毎食のようにファストフードや添加物の多い食べ物を採ってはいませんか?

 

時季の野菜や魚を食べるよう心がけるだけでも、加齢臭の防止には繋がります。

 

毎食を健康志向に切り替えるのは難しくても、週に1度から始め徐々にその回数を増やしていってみてはいかがでしょうか。

 

2.運動不足を解消!日々運動の習慣を身につける

デスクワークやオフィス勤務が多く、さらに休日は家でゆっくり過ごしている人は加齢臭の発生傾向が強いと言われています。

 

毎朝少し早起きしてジョギングする、通勤は早足で歩くようにする、休日はスポーツやハイキングなど身体を動かすようにする、といった習慣を心がけて改善を目指しましょう。

 

加齢臭防止のために始めたのにいつのまにか趣味や楽しみになっていた、というのが理想的ですね。

 

3.嗜好品の量を加減する

加齢臭と嗜好品の摂取には深いつながりがあります。

 

タバコやお酒、コーヒーなどの嗜好品を毎日定期的に採る人と採らない人では、加齢臭の発生率が大きく異なると言われているのです。

 

もちろん嗜好品を全く採らないからと言って完全に加齢臭を防止できるとは限りません。前述の食生活や運動の習慣とも相互的にかかわりがあるのです。

 

そのため、日頃の食事内容や運動時間を考慮したうえで嗜好品の量や種類をコントロールしていくことが、賢い加齢臭の予防に繋がります。

 

まとめ

まだ大丈夫と油断せずに、早いうちから加齢臭を防止していきましょう。

 

もし臭い発生の兆候が感じられた場合にも、少しでも早く対処したほうが悪化防止になります。日頃の積み重ねが加齢臭防止には欠かせませんから、出来るところから習慣化できるよう取り組みましょう!